紫外線と髪の毛の関係
  • 2024.07.04
  • Blog
  • 紫外線(UV)と髪の毛の関係について、以下の3つのポイントで説明します。

    1. 髪のダメージと乾燥
    紫外線は髪の毛の表面にダメージを与え、キューティクル層を破壊します。これにより、髪の内部が乾燥しやすくなり、髪がパサついたり、枝毛が増えたりします。紫外線による乾燥ダメージは、髪の光沢や柔軟性を損なう原因となります。

    2. 色素の変化
    紫外線は髪の色素であるメラニンに影響を与えます。紫外線によってメラニンが分解されると、髪の色が褪せて明るくなります。特に、日光に多くさらされる夏の間は、髪が色褪せることが多くなります。染めた髪も紫外線によって色が変わりやすくなります。

    3. 頭皮への影響
    紫外線は髪だけでなく、頭皮にも影響を与えます。頭皮が紫外線にさらされると、炎症や乾燥を引き起こすことがあります。頭皮の健康が損なわれると、毛包の機能が低下し、髪の成長が妨げられる可能性があります。また、紫外線による頭皮のダメージは、髪の健康全体に影響を及ぼすことがあります。

    これらのポイントから、紫外線対策は髪と頭皮の健康を保つために重要です。帽子をかぶる、UVカットスプレーを使うなどの対策を取り入れると良いでしょう。